2017年11月8日水曜日

ネットが危険なのではない

ネットで知り合った人での事件があると、ネット経由の人間関係は危険、という言説がまた流行るのだろうが、だったら代替手段を示さなくてはならないと思う。

人間関係が狭い範囲の血縁・地縁・学校・仕事場のみで成立していた時代ならば、個々の人間が孤立することも少なかったかもしれない。今そうではないのは、人間がそのものが変わったからではなく、単に人間の行動範囲・情報取得範囲が技術の進歩によって広くなったからである。また、旧来の狭い関係性が機能を失いつつあると、より許容できる人の範囲が狭くなり(場の管理者の意向が強く出てしまう等)、適応できない人が増える。だから他の手段で関係性を築く。それだけのことである。

私自身、家族は母だけである上に一人で上京し、上京後の学校の級友も半分以上が地方からの人間だったため散り散りであるため、ネットで知り合った人たちには随分と助けられている。私が23区の商店街を全部歩いたところで、ネットがなければそれを知る人などほとんどいなかっただろう。散策会だって、ネット抜きの私の人脈からではとても実現できない。

ネットでの出会いを奪うというのであれば、狭くとも一定程度様々な人を包容できる代替ネットワークを確保しなければならないが、その成立に積極的に突っ込んでいく人は少数だろう。私的負担でできるようなものではない。結果として、小さく弱くなったコミュニティーや偏ったコミュニティーしか残らず、多くの人がより孤独になるのが目に見えている。

いちばん良くないのは、「ネット人脈なしでは友人もいないような人は事件など起こされると迷惑だから一人で生きなさい」「孤独な環境に適応できない人がすべて悪い」というような、何も生み出さない極端な意見が幅をきかせることだ。ほんの少しの悪い事例だけを見て、圧倒的大多数の事例を見ないのはあまりに偏った考え方に過ぎる。

ネットが危険なのではなく、人間自体をどう信用するかの問題である。大半の人は危険ではないのだ。リスクは何にだってあるし、それを選択する自由が人間にはある。他人がリスクを取ることを、やめさせることはできない。リスクがゼロでないと満足できない人もいるだろうが、それは永遠に達成されない。

個人的には、ネットでどんどん人脈ができるほうが良いと思うし、ネットだからといって個人を隠すのではなく、必要なタイミングで自分のことを開示することで信用を作ることができる仕組みを作れないかと思う。たとえば、公的な個人情報バンクを作り、自分が開示したい人には部分的な個人情報を公的な担保を付して示すことができる、というものができればいいと思う。旧来の人間関係によくある知人の仲介のようなものがないのだから、様々な個人情報や過去の行いの記録から自分の信頼性を示すことができれば、ある種のごまかし・ハッタリは効かなくなるが、私としはて便利だと思う。

2017年10月29日日曜日

差別とは何か

私は属性ごとの反差別運動みたいなものにあまり興味がない。なんでいちいち属性ごとで反対するのかわからない。全部一律にダメ、ならわかるしそのほうが効率が良い。属性間での不公平感も少なくなる。

もちろん各属性の方々にとって、単に気持ちをぶつける場所としてそうした集まりとか活動というのはあって良いとは思うのだが、根本的な解決方法ではないと思うのだ。

では根本的に、差別とは何か。差別を「当人に直接関わることなく当人の属性のみで何かを断定すること」とするならば、差別とは各自の「思い込み」や「決めつけ」であると思う。

たとえば「○○国籍の人間は○○国籍の人間より暴力的だ」という説があったとして、たとえ何かの調査や統計上そうであったとしても全員が全員そうでない以上はそれだけで個人を暴力的だと判断することは正確ではないし、当人にとっても迷惑である。もともとが詭弁なのだから、

「ひげを生やしている人は○○だ」「○○というブランドの服を着ている人は○○だ」のような、なんとかの法則みたいなものも思い込みである。そんなのは当人とコミュニケーションを取ってから判断したって良いし、コミュニケーションを取らなくて良い人のことなどどうでも良いから判断の必要もない。

ところが、これらの「決めつけ」「思い込み」がないと精神的に不安定になる人というのもいる。「わからない状態」が耐えられない人にとっては、本当のところはともかくとりあえず特徴から白黒決めつけてしまうことで、精神的な負担(迷い、警戒、記憶の継続、思考時間など)を随分と減らすことができる。わからないことに一定の答えを与える宗教もこれに当たるだろう。私は「わからないものはわからない」で平気なほうなのだが、全員がそうはできないだろうと思う。

(人と人が対等に扱われる社会というのは、実はとても面倒である。どの人ともいちいち真摯に対応し蓄積していかなくてはならない。属性をもとにある程度雑に上下や優劣や白黒が決まっているほうが楽なのは言うまでもないし、現在もそういうある種の決めつけをしているのにはそんな理由もあろうかと思う。それは大雑把に人心を安定させる技術ではあるのだが、たくさんの情報に触れることが容易な社会になれば、そういうごまかしはききづらくなる。なくなりはしないだろうけれど。)

時間・機会の限りがあるために、属性による一定の判断をされても良いと互いに対等に了解している場合、それはそれで良いだろう。しかし、常に判断する側が上位であり判断される側に結果責任がある、とされてしまってはいつまで経っても差別は解消しない。判断自体は避けられないにしても、「それは思い込み・決めつけです」と反論する機会がなければ対等ではない。

むやみな決めつけや思い込みを極力しないほうが私は気分が良いが、全員がそうではないと思われる以上、それに起因する差別はなくならない。別にどの属性がどうとかではなく、すべてにおいてだ。悪いほうだけではなく良いほうの思い込みも含めてである。

人間が社会を営む上でなくせないものは、普通は社会でコストを負担する。今までは生活上のインフラがこの大部分だったろうと思うが、そろそろ精神面での社会負担というものを考えてはどうかと思う。

たとえば、直接的な差別やいじめに対して当人の代わりに反論をしてくれる「代弁士」のような国家資格と権限(代弁士は当人の完全な代理であり、当人として話をしなくてはならない等)を作れば、言い返せない環境・能力の人にとって言論上は対等に近づく。

もし法律でなんとかするならば、「当人の意思や説明に関係なく思い込みや決めつけによって処遇を決め一方的に従わせること」に対してもっと法的手段に出るしかない。現行法でもある程度カバーはできていると思うが、裁判沙汰が増えるのは間違いないだろう。また、未成年者が自力で訴え出やすい環境も必要だろう。日本ではこうした法的なやり取りに関しての時間・金銭コストが個人には高すぎるため、ここを公的に負担していくというのが線かと思う。カジュアルに「いくら説明しても決めつけを改められないなら裁判で決めましょう」と言える社会が実現できるかどうか。

まあ何にせよ、「個人のことは知らないが、Aという特徴の人はBに決まってる」というような自分内部での決めつけを軽々しく言い放つのは控えたほうが良いのではないかなと思う。反差別を言い出すなら、まずはそこからではないか。というか、そこしかないのではないか。ある属性には配慮が必要で、あるものは別によい、みたいなことはないだろう。

まっっっっったくまとまらない話で申し訳ない。




このブログの説明

「しかすけ自由帳」(https://shikasukejiyu.blogspot.jp/)は散策家しかすけ(志歌寿ケイト)の好きなこと・書きたいこと(主に思考と趣味)をだらだら書くためだけの場所です。幾つ目のブログやらという感じですが、ここも気が向いた時に書きます。SNSでは長文は書きづらいのでここに書くことにしました。散策家しかすけブログでも良いのですが、何となく仕切り直したかったので。

ここに書いていくことは特に何か反応が欲しいとか発展させたい内容ではないので、コメント欄はありません。元々何を書いてもほとんど反応がないのでどちらでも良いかとも思いますが、管理が面倒になるので。どうしても何か言いたいかたは、メインサイトから連絡先を探してください。

特に誰に向けているということもないのですが、しかすけがどんな人物かを知る手がかりくらいにはなるかと思います。もともと人によっていろんな印象を抱かれることが多いのですが、中身はこんなものです。むしろそれらの一方的な印象を突き崩したいほうです。あまりそういう勝手に持たれたイメージで得したこともありませんので。とにかく私に興味がある奇特なかたは、お読みいただくことをお勧めします。そして、興味が間違っていたなと気づいたならば読むのを止めましょう。

基本的にその時思っていることを書くだけなので、違う時点と比較すれば矛盾や変化は当然あります。同一人物の別々の時期の発言を比べて矛盾しているとかなんとかやるのが趣味の人もいるみたいですが、何も変わらない人のほうが多分珍しいですし、記録されている量が多い人ほどそういう点も多くなって当然です。また、同じ時点であっても、考え方がひとつであるとは限りません。わざわざ記録しないにしても、無意識のうちに矛盾する考え方を並行している人もたくさんいるはずです。こんなこと書かなくたってわかっている人はわかっているとは思いますけど、一応ね。

あ、たぶん一人称や口調も記事ごとに変わります。ふざけることも荒っぽいこともあると思います。そこはリアルタイムな勢いの記録ということでご容赦を。あと、無意味に画像を挟んだりしますが文章と関係ない場合もあります。

引用は法律の範囲内でお願いします。文や画像をまるごと転載される場合は私の許諾を得てください。

それではよろしくお願いします。



しかすけ/志歌寿ケイト

閲覧数の多い投稿